干渉を受けない気楽さのためについつい、「はい」と言ってしまう悪魔の言葉。

あんじょうやった結果は、「思っていたのと違う。」「そこはこうでないと業務が進まない。」といった手直しの嵐だ。

しんどくてもお客さんにレビューしてもらうこと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です