メタ構文変数とは?

メタ構文変数とは、サンプルプログラムなどで使用する、特に意味のない変数で、「特に意味がない」ことが一般的に広く知られた識別子のことです。

意味のない変数にx, y, z, m, n 等もよく使われますが、一般的に使われる識別子、つまりメタ構文変数を使うほうが誤解がありません。

日本では次のものがよく使われます。

  • hoge(ほげ)
  • fuga(ふが)
  • piyo(ぴよ)
  • hogehoge(ほげほげ)
  • fugafuga(ふがふが)
  • piyopiyo(ぴよぴよ)

 

欧米は以下のものがよく使われます。

  • foo(ふー)
  • bar(ばー)
  • baz(ばず)
  • foobar(ふーばー)
  • qux(かっくす)
  • quux(かっくす。読みだけではquxと区別できない)
  • quuux(かっくす。読みだけではquxと区別できない)
  • quuuux(かっくす。読みだけではquxと区別できない)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です