ブックマークレット(Bookmarklet)とは?

ブックマークレット(Bookmarklet)とは?

ブックマークレットとは、インターネットエクスプローラーなどのウェブブラウザのブックマーク(お気に入り)に登録することのできる、JavaScriptで記述されたスクリプトのことです。

要するに、面倒なインストールなしにブラウザにお手軽に機能を追加できるものです。

お気に入りに登録することで、ネットサーフィン中にすぐに呼び出すことができて、アドオンを追加することなくウェブブラウザにちょっとした機能を追加するのに使うことが出来るのです。

テキストエディタやエクセルのマクロのようなものと言ったほうがイメージが湧くかもしれません。

通常のお気に入りと何が違うのか?

どちらも”url”という拡張子の付いた、いわゆるショートカットファイルなのですが、記録されている中身が異なります。

通常のブックマーク(お気に入り) Bookmarklet
拡張子 url url
中身(プロパティ) URLアドレスが入っています “javascript:”から始まるスクリプトが入っています
クリック(実行)時の動作 記述されているURLアドレスに移動します スクリプトが実行されます

ブックマークレットの登録方法

お気に入りの登録の場合は、お気に入りに追加したいページに移動して、ウェブブラウザの「お気に入りに追加」を実行することで登録されました。では、ブックマークレットはどのように登録するのでしょうか?以下では「画像を消す」Bookmarkletを例にしてその手順を説明します。

画像を消す

上記の「画像を消す」と書かれたリンクの上にカーソルを持っていき右クリックします。メニューが表示されるので「お気に入りに追加」を実行します。(FireFoxでは「このリンクをブックマーク」などブラウザごとに多少異なります。)

お気に入りに追加

下記警告メッセージが表示されますが、「はい」を選択します。

安全警告メッセージ

お気に入りの追加ダイアログが表示されます。作成先を選択し、名前を付けて保存します。

お気に入りに追加

ブックマークレット名を工夫する

ブックマークレットは通常のお気に入りと区別できるように別フォルダに保存するか、もしくは名前に[BM]のような識別子を付けておくと便利です。

ブックマークレットを利用する(実行)

ブラウザのページを開いた状態で、ブラウザのメニューから登録したお気に入りを実行します。ページ中の特定の部分に対して効力が働くものについては、事前に該当部分を選択しておいてから実行します。

上記の例では、ページに表示されていた画像が画面上から消えます。(ただし<img>タグを使わずにcssを使って表示されている画像は消えません。)

しかし、実際のページから画像を削除したわけではありません。(そんなことが出来たら大変です!)

ブックマークレットを活用する

現在見ているページを引用してブログに投稿するなど、各種サービスでブックマークの活用が拡がっています。まずは、ブックマークレットを使ってみて、その便利さに気が付いていただけたらと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です