概要

VBAは参照設定あるいはCreateObjectにより外部ライブラリを参照することによって機能拡張できます。

 

ここでは、その中でも最も使用頻度が高いといっても過言ではない「FileSystemObject」の使い方について説明します。

 

「FileSystemObject」は、Windowsのファイルシステム全般を扱うオブジェクトです。

具体的には、フォルダの作成・移動・削除、ファイルの作成・移動・削除等を直感的に行うことができます。

 

VBAにもこれらを行う命令が一部用意されていますが、「FileSystemObject」を使うほうがより直感的、構造的に扱うことができます。

 

FileSystemObjectを使うための準備

FileSystemObjectを使うためには、参照設定による事前バインディング、もしくはCreateObjectによる遅延バインディングを行います。

事前バインディング

「Microsoft Scripting Runtime」を参照設定します。

Dim fso As New FileSystemObject

遅延バインディング

Dim fso As Object
Set fso = CreateObject(“Scripting.FileSystemObject”)

 

 

 

 

参考

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です