CreateObjectを使って実行時バインディングを行う際、通常はProgIDと呼ばれる識別子を使うのが一般的である。

 

しかし、実はGuidを使うことができることはあまり知られていない。

CreateObjectでGuidを使うときの書式は以下のようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です