HTML5について

HTML5とは?

HTML5とは、HTMLの改訂第5版のことです。

現在、PC用サイトで一般的に利用されているのはHTML 4.01ですが、スマホ向けサイトを中心としてHTML5で作成されたサイトが増加中です。

ウェブアプリケーションを開発するための様々な仕様が新たに盛り込まれています。

今までプラグイン等のHTML以外の技術を併用しないと実現できなかった機能のいくつかが、標準のHTMLやJavaScriptで比較的シンプルに実現できるようになりました。

HTML5の誕生

2008年1月22日のドラフト(草案)発表から、2014年10月28日の勧告まで実に6年弱を要した。

HTML5の目的

改訂の主要目的は、最新のマルチメディアをサポートする言語に向上すること。

ウェブブラウザのHTML5への対応状況

製作者が一番気になるのはブラウザの互換性問題です。

新しい機能を実装しても動作しなかったら無意味であるし、手間損となってしまうからです。

幸いなことに、2008年以降に発表されたウェブブラウザの多くはHTML5に段階的に対応しています。

特にスマートフォン(Android・iPhone)用のブラウザではHTML5への対応が早いです。

参考

HTML5-WikiPedia

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です