PHPは8種類の基本型をサポートしています。

PHPの変数は宣言不要で、型は次のように扱われます。

変数の型は、基本的にプログラマが設定するものではありません。 その変数が使用される文脈に応じ、PHP が実行時に決定します。

スカラー型

  • boolean
  • int
  • float(double)
  • string

複合型

  • array
  • object
  • callable
  • iterable

特殊型

  • リソース(resource)
  • ヌル(NULL、※NULLが型というのはどういう意味なのだろうか??)

 

型のチェック

gettype()は人間が読みやすい型の名称を返却します。ですが、これによって型を判別することは推奨されません。

型ごとにチェック用の関数が用意されているので、それを使用することをお勧めします。

型チェック用の関数

  • is_int() – 変数が整数であるかを調べる
  • is_bool() – 変数が boolean であるかを調べる
  • is_float() – 変数の型が float かどうか調べる
  • is_string() – 変数の型が文字列かどうかを調べる
  • is_array() – 変数が配列かどうかを調べる
  • is_object() – 変数がオブジェクトかどうかを調べる
  • is_numeric() – 変数が数字または数値形式の文字列であるかを調べる

※ なお、resouce型とNULLには判定関数は用意されていません。

 

参考

型-はじめに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です