2つ以上の配列の同じ要素を「配列の共通項」と呼びます。

配列の共通項を求める場合、キーを基準とする場合、値を基準とする場合があります。

array_intersect — 値を基準にして配列の共通項を計算する

array_uintersect — データの比較にコールバック関数を用い、配列の共通項を計算する

array_intersect_key — キーを基準にして配列の共通項を計算する

array_intersect_ukey — キーを基準にし、コールバック関数を用いて 配列の共通項を計算する

array_intersect_assoc — 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を確認する
array_intersect_uassoc — 追加された添字の確認も含め、(キーの比較に)コールバック関数を用いて 配列の共通項を確認する

array_uintersect_uassoc — データと添字の比較にコールバック関数を用い、
追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する

array_uintersect_assoc — データの比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認も含めて配列の共通項を計算する

array_uintersect_assoc 値の比較にユーザ関数が使用される。キーの比較は内部的

array_intersect_uassoc キーの比較にユーザ関数が使用される。値の比較は内部的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です