2つ(以上)の配列の内容の相違を「配列の差」と呼びます。

配列の差を求める場合、キーを基準とする場合、値を基準とする場合があります。

 

array_diff — 値を基準にして配列の差を計算する

array_udiff — データの比較にコールバック関数を用い、配列の差を計算する  

array_diff_key — キーを基準にして配列の差を計算する

array_diff_ukey — キーを基準にし、コールバック関数を用いて配列の差を計算する

array_diff_assoc — 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する(キーと値の組が同じ場合に同一とみなす)

array_diff_uassoc — ユーザが指定したコールバック関数を利用し、
追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する

 

array_udiff_assoc — データの比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する

※array_diff_uassocとarray_udiff_assocの違い。
単純な値比較をするならどちらも同じ。
array_udiff_assoc()のほうはクラス名とメソッド名の配列を指定しても動作する。
しかし、正直なところ、厳密な違いがよくわからない・・・

array_udiff_uassoc — データと添字の比較にコールバック関数を用い、 追加された添字の確認を含めて配列の差を計算する
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です