PHPの動作原理

PHPは明示的にコンパイル不要なインタプリタ型の言語ですが、内部的にはコンパイルされオペコードという中間コードが生成されます。

PHPプログラムを解析してトークンに分解するのがレキサー(Lexer)の役割、トークンをオペコードへ変換するのはパーサー(Parser)の役割です。パースするとも言います。実行速度の向上のためにオペコードをキャッシングする仕組みをもっています。

PHPはC言語で実装されています。テストコードは拡張子「phpt」というファイルに記載されています。

PHPは一般的にはサーバサイドで使用されることが多いですが、CLIを備えておりクライアントのコマンドラインでも実行も可能です。

 

PHPの基本的な構文

文末の「セミコロン(;)」は必須です。JavaScriptのように省略可能ではありません。(ただし、終了タグ直前の;のみ例外的に省略可能です。)

変数名の前の$は必須です。慣習で付けている訳ではありません。

変数名や関数名の大文字小文字は厳格に区別されます。(case sensitive)

 

参考

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です