VB.NETでは、配列の要素数を事前に指定して、領域の確保をする必要があります。
Dim arr(3) As String
要素数が確定できない場合には、arr()という形で可変にすることもできますが、この場合は領域を増やすたびにRedim()で再度領域確保が必要となります。
また、基本的に配列には同じ型の値しか格納することができません。
また、添え字の上限、下限を超えて値を代入しようとするとエラーとなります。

PHPの配列はVB.NETの配列に比べると制限が非常に緩やかです。
事前に要素数を指定する必要はありません。
また、格納する型を統一する必要もありません。
添え字の上限、下限という概念はありません。

 

配列を操作するとき、配列自体が変更されるのか、コピーが返されるのかを意識しておく必要があります。

 

添え字の括弧は[]

配列の初期化をせずに要素の直接追加ができます。

数値として評価可能な文字列("0"等)は、整数のキーとして格納されます。

キーが数値の場合は添え字、文字の場合はキーと呼び分ける場合もあるが、本質的に違いはほとんどない。(違いある?あるなら違いを挙げよ!)

ある変数が配列かどうかを判定するには、is_array()を使用します。

配列関数について

PHP言語では配列に関する関数が多数用意されています。

これは便利な判明、どの関数がどのような機能を有するのか、覚えるのが大変という事態にもなっています。

また、JavaScriptの配列の扱いとの相違点や、同一関数名で異なる振る舞いをするなどの混乱なども見られます。

配列関数の

配列の作成

配列の並び替え

配列の数(大きさ)

count(単純に要素の数)

sizeof(countのエイリアス)

array_count_values — 配列の値の数の出現回数を数えて、値をキー、主具現回数を値とした連想配列を返却する

配列の構造変換

配列の差

配列の共通項

配列の操作

 

値の補完

array_change_key_case —
配列のすべてのキーを大文字または小文字に統一する。変更することによってキーが重複する場合は後ろの値で上書きされます。配列のコピーを返す。
array_fill_keys — キーを指定して、配列を値で埋める(キーの配列と、値のリテラルから、値が同じ配列を作成する)
array_fill — 配列を指定した値で埋める(開始インデックスと要素数、値のリテラルから、値が同じ配列を作成する)

array_pad —
指定長、指定した値で配列を埋める(指定長に配列要素数が満たない場合に、指定値を追加する。指定長が正の場合は右側、負の場合は左側に追加する)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です