DefTypeについて

DefTypeは「Def~」というステートメントの総称で、変数、Function、Property Get の返値の既定の型を指定するために使用されます。

次の例では、名前が「B」から始まる変数、Function、Property Get の返値の既定の型をBool型としています。

DefBool B

その他、以下のような記述法が可能です。

DefBool A,B
DefBool B-C
DefBool B-C,M-N

このステートメントは、モジュールの範囲で有効です。

また、個別に返値の型を明示的に宣言している場合にはそちらが優先されます。

DefType一覧

DefTypeステートメントは、既定とする型によって以下のものが用意されています。

キーワード 対応するデータ型
DefObj  オブジェクト型
DefBool  ブール型
DefByte  Byte型
DefCur  通貨型
DefDate  Date型
DefDbl  Double型
DefDec  Decimal型
DefInt  整数型
DefLng  Long型
DefLngPtr  LongPtr型
DefSng  Single型
DefStr  String型
DefVar  Variant型
DefLngLng  LongLong型 ※64ビットプラットフォームでのみ有効

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です