ビルド後にファイルをコピーする

ビルド後に作成されたファイルを別のフォルダにコピーすることがよくあります。

たとえば、クラスライブラリをコンパイルした後に、親プロジェクトへコピーするようなケースです。

このような場合、クラスライブラリのビルド後イベントにファイルコピーするスクリプトを記述することができます。

copy “$(TargetDir)$(TargetFileName)” “C:\test\hoge.dll”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です