ビルド

ビルドとリビルドの違い

ビルドとリビルドは下のような違いがあります。要するに、差分だけをコンパイルするのがビルドということになります。

通常は、VisualStudioが変更の有無を自動で判定してくれるので、ビルドで問題ありません。

ただ、自動判定も万能ではないので、リソースの追加などをおこなった場合は、リビルドしないとコンパイルが通らないことがあるようです。

動きがおかしいと感じたり、製品版としてリリースする際にはリビルドをするのが必ずリビルドするほうが安全です。

ビルド 変更された箇所のみをコンパイルし直します
リビルド 全ファイルをコンパイルし直します

必要なFWバージョンについて

アセンブリの設定で設定した必要バージョンがインストールされているにもかかわらず上位のバージョンが要求される場合は、ソリューションエクスプローラーでSETUPを右クリックして、表示の起動条件をクリックします。

左ペインの起動条件の.NET Frameworkを選択し、プロパティのVersionを変更してリビルドします。