VBScriptとは?

VBScriptは、「Microsoft Visual Basic Scripting Edition」の略です。スクリプト用のVisual Basicという位置付けのものです。

VBScript – WikiPedia

VBScript(ブイ・ビー・スクリプト)、Microsoft Visual Basic Scripting Edition は、Visual Basic 風の、マイクロソフトによるスクリプト言語である。Microsoft Windows 上や Internet Information Server(IIS)上で動作する。

VBAと異なる点

宣言時に型は指定できません。すべて暗黙的にVariant型となります。(内部的には型を持っています。)

ラベルの概念がなく、Goto文もありません。On Error Goto 0はありますが、任意のラベルにジャンプできる構文はありません。

エントリポイントはモジュールの先頭となります。

Sub,Functionにおいて、省略可能な引数を定義することはできません。

配列のインデックスの最小を指定できません。必ず0基底となります。つまり、LBoundはかならず0を返却します。)

VBAとやや異なる点

Select Caseは使えますが、VBAのように「IS」「,」「TO」を使った複雑な条件は指定できません。

返値のないSub、返値のあるFunctionはVBAと同様に使えますが、Functionの返値の型は宣言できません。

VBAと同じ点

ByValによる値渡し、ByRefによる参照渡しができます。
Option Explicitを宣言しない場合はDimによる変数の事前定義は不要です。

 

参考

VBScript関数リファレンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です