VCS(バージョン管理システム)

目次

VCSとは

Version Control System の略。ファイルの履歴をコンピューターで管理するシステムの総称です。

個別のVCSについは、下記のようなものがあります。

  • CVS
  • SVN(Subversion・サブバージョン)
  • Git(ギット)

リポジトリ

管理対象のファイルの変更履歴等を格納したファイル群(データベース)のことです。

バージョン管理システムは、リポジトリの構成方法(管理方法)により、大きく2つの形式に分けられます。

  • 集中型バージョン管理
  • 分散型バージョン管理

集中型バージョン管理

集中型バージョン管理では、1つのリポジトリを全員が共有します。

CVS、SVNは集中型です。2021年の今となっては「レガシーな」と形容されることが多いです。

分散型バージョン管理

分散型バージョン管理では、リポジトリのクローンを各自のローカルに持ちます。

Gitは分散型です。2021年の今は主流となっています。

参考

バージョン管理システム

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる