WScriptオブジェクト

WScriptオブジェクトとは?

WScriptオブジェクトは、VBScript、JScriptで既定で使用可能なオブジェクトで、CreateObjectを使ってオブジェクトを作成することなく使えるオブジェクトです。

例えば、VBScript、JScriptでは、WScript.Echo()メソッドを特別な準備なしで使うことができます。

WScriptオブジェクトのプロパティ

全部で14個のプロパティがあります。Nameプロパティが既定のプロパティとなっています。

つまり、下記の2つの文は同一です。

WScript.Echo(WScript)
WScript.Echo(WScript.Name)

 

Application WScriptオブジェクト
Arguments WshArgumentsオブジェクト
BuildVersion Long
FullName String
Interactive Boolean
Name String
Path String
ScriptFullName String
ScriptName String
StdErr TextStream
StdIn TextStream
StdOut TextStream
Timeout Long
Version String

 

WScriptオブジェクトのメソッド

全部で7個のメソッドがあります。

ConnectObject
CreateObject
DisconnectObject
Echo
GetObject
Quit
Sleep

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です