WSHについて

WSHとは?

「WSH」 は正式には、「Windows Script Host」 と呼ばれるものです。

WSHは、Windows 98からWindows OSに搭載されたスクリプト実行環境のことで、標準で「VBScript」と「JScript(マイクロソフト版のJavaScript)」のスクリプト言語のエンジンが搭載されています。

要するに、VBScriptとJScriptを動かすスクリプトエンジンのことだと認識しておけば問題ないでしょう。

「vbs」あるいは「js」という拡張子を付けて保存した、ただのテキストファイルを実行することができるのは、WSHが入っているからに他なりません。

GUI版とCUI版

WSHのスクリプト・ホストには、GUI版とCUI版(コマンドライン版)の2種類があります。「vbs」あるいは「js」の拡張子を付けたファイルは既定でGUI版のWSHに関連付けされています。

CUI版でスクリプトを実行するには、明示的に「cscript.exe」を呼び出す必要があります。

GUI版とCUI版の実態は、それぞれ次の実行ファイルです。

  • C:\Windows\System32\wscript.exe
  • C:\Windows\System32\cscript.exe

 

コマンドプロンプトとの比較

Windowにはスクリプト環境としてコマンドプロンプトと呼ばれるものも実装しています。Windows 2000になってコマンドプロンプトはかなり強化され、以前に比べると幾分複雑な処理ができるようになりましたが、実行できる機能はかなり限定的です。

一方、WSHでは様々オブジェクト(正式にはCOMオブジェクトという)を使うことができ、工夫次第でかなりのことが出来るようになっています。

コマンドプロンプトの手軽さも魅力的ですので、適所適材で使い分けるのが良いでしょう。

 

WSHの現状と将来

WSHは現在開発がストップしており、また、将来的にメジャーバージョンアップすることもありません。

WSHは、いずれ「Windows PowerShell」に取って代わることになるとされています。

 

PowerShellとの連携

PowerShellからWSHのスクリプトを実行することが可能であるだけでなく、PowerShellスクリプトの中からWSHのオブジェクトを呼び出して利用することも可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です