WshNetworkオブジェクト

WshNetworkオブジェクトとは?

WshNetworkオブジェクト」は、ネットワーク・ドライブやネットワーク・プリンタにアクセスするためのオブジェクトです。

既定のオブジェクトではないので、使用するためにはCreateObjectを使って明示的にオブジェクトを作成する必要があります。

Set n = WScript.CreateObject("WScript.Network")

VBAでは、「Windows Script Host Object Model」を参照設定することでも、WshNetworkオブジェクトが使用できます。

 

WshNetworkオブジェクトが提供する主な機能

  • ネットワークドライブの列挙・接続・切断
  • ネットワークプリンタの列挙・接続・切断
  • デフォルトプリンタの設定
  • 実行ユーザーの情報取得

 

WshNetworkオブジェクトのプロパティ

全部で3個のプロパティがあります。(VbsEditを使って確認したところ、この他にUserProfile,Site,Organizationというプロパティがありましたが、参照するとエラーが発生してしまいました。)

ComputerName String
UserDomain String
UserName String

WshNetworkオブジェクトのメソッド

全部で8個のメソッドがあります。

AddPrinterConnection
AddWindowsPrinterConnection
RemovePrinterConnection
SetDefaultPrinter
EnumPrinterConnections
MapNetworkDrive
RemoveNetworkDrive
EnumNetworkDrive

参考

WshNetworkオブジェクトの詳細

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です