属性とテキスト(内容)のどちらが相応しいか?

属性とテキスト(内容)の相違点

属性はその記述順序に意味がなく、仕様上は並列に扱われます。一方、テキスト(内容)はその記述順序に意味を持ちます。

また、1つのノードに対して同じ名前の属性を2つ以上付けることはできませんが、テキスト(内容)は複数含むことが出来ます。

これらの相違点を踏まえて、属性とすべきかテキスト(内容)にすべきかを判断します。

ただし、必ずしも明確に判断できないこともあります。その場合はどちらでも差し支えないでしょう。

属性にすべきもの

  • DTDを使うのであれば、型指定したいもの ←これの明確な意味を調べること。

テキスト(内容)にすべきもの

  • 複数入れたいもの
  • 順序が大切なもの
  • 構造を持っているもの(親子関係がハッキリしているもの)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です