Guidを使ってCreateObjectする

CreateObjectを使って実行時バインディングを行う際、通常はProgIDと呼ばれる識別子を使うのが一般的である。

 

しかし、実はGuidを使うことができることはあまり知られていない。

CreateObjectでGuidを使うときの書式は以下のようになる。

Set Obj = CreateObject("new:{GUID}")
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる